変わりがないと言えます

-

-

なにかと手軽に利用することができる借入なのですが失念してしまってはいけないのはローン会社は収益を上げるために利率をつけている点です。

お金を貸すのはクレジットカード会社なのですから当然なのですが、カードローンの金利はとても高いです。

グレーゾーン金利が適用されていた時代は29.20%もの非常識な高水準の利率で契約設定させられていました。

それプラス当時は総量規制というものはなかったのでいくらでも口座作成していたというわけです。

そうして返済が難しくなる人を作り出しバンザイする国民が増えてしまったのです。

その結果総量規制により最後には自分の首を絞めるようになりました。

さて今日では利子は大幅に低い金利になってきたのですが、そうだとしても他の金利なんかと比べると高い位置にあることには変わりがないと言えます。

借り入れる元金が些少であればそれほどは重圧には感じないかもしれませんが巨額の借入をすることになるとその分返済月数も多くなり、払う額は相当な額となってしまうことになるのです。

実際シミュレーションで計算してみたら最終的にはかなりの金額を返済していることが認識されると思います。

このことをそれはそうだと認識するかあるいはもったいないように感じるのかはその利用者の考え方次第ですが私の場合はこのくらいのキャッシュがあったら好きなものが買うことができるのにと思ってしまうのです。

これだけの利子を支払いたくないという場合はできるだけ支払い期間を短くするようにしてください。

若干でも支払をしておくと、返済期間を少なくすることができるのです。

全く必要もなくキャッシングするような方はいないはずです。

必要に迫られて借金するので、あとは引き落しを若干でも繰り上げる計画が要求されます。

余剰がある場合にはいっぱい支払って早期の完済をするようにしましょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.greentheeastside.com All Rights Reserved.