含めた車の事故はどちら側にどれだけの手落ちがあったのか

-

-

事故は自分自身だけの自損事故と他の人に迷惑をかけた事故がございます。

自分だけで起こした事故の時には、自分自身が事故処理をすることで終了となりますが第三者を含めた車の事故はどちら側にどれだけの手落ちがあったのかを確かめて、その状況によってマイカーの修復費や示談のお金などが決定されますので、保険会社の有識者を交えての交渉が欠かすことが出来ません。

普通の自動車の事故の場合、自分だけでなく相手にも間違いがあるケースが大多数でどちらかだけのミスを言及するケースはほとんどないようです。

もちろん信号無視や一時停止を無視したなどは大きな間違いになりますが被害者側にもミスがあったと判断されます。

自動車事故の時にはどの人の落ち度が原因で発生したのかという結果が非常に大切になるので、その結果を数値で示したのが過失割合になります。

例えば、前述した信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視場面であるならば交通法のルール上相手側がすべてのミスがあると見えますがこの場面で事故の原因になった車が前の方から来ていて正面を見てチェックできた時だと被害者側も注意が足りないと10%程度の過失があると言われる可能性もあります。

この条件では加害者が9割、自分1割の過失割合と結論付けされ割合が大きな側に責任が問われる事になります。

さらに自動車事故の過失割合はそれ以前の自動車の事故の判例を元に決められる場合が往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから公表されている基準となるものがものさしとして利用されます。

この過失割合で、割り当てが大きければ大きいほど落ち度、つまり損害賠償金も大きくなりますので事故後の交渉は本人達だけでなく保険の担当の人を加えてちゃんと協議することが重要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.greentheeastside.com All Rights Reserved.