www.greentheeastside.com

-

-

一般的に任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは異なり、自賠責保険だけでは補うことが難しい補償が可能になる重要性の高い保険です。この任意の保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上乗せということで役に立つものですので自賠責保険で補える支払いの限界を上回ったときに役立ちます。それから、自賠責保険の中では対物損害については補償を受けることができないのでその部分を補う際には加入することをお勧めします。もう任意保険の保険料を納めている愛車を手放す場合は、国内メーカーの自動車でもイタリア車などことは例外なく、残金が返金されます。国内メーカーの自動車を売る場合でも同じです。自賠責保険は通常そのままにしておくのが常識ですが任意保険の場合は全員がかける保険ではないですから、キャンセルになります。さらに、任意保険をキャンセルしたあとは、現時点で 支払っている残っているお金が返ってくるということになります。クルマの売買が成立したからといって即保険を解除するというのは危険です。当然できるだけ早く契約解除するとその分返還される保険料は増えますがもしも中古車買取のお店が離れた場所にあるため自分で運んで行くような時は、任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。万が一のことを想定して絶対に今後自動車の運転をしない状況になるまでは保険の解除はしないようにする必要があります。車を売り、またすぐに新たなクルマに買い換えるケースであれば問題ないと思いますが仮にずっと車の運転をしないような状況が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険未加入の時が存在すると、以前に続いていた保険の等級が下がり、保険料が上がってしまいます。そういったようなケースでは「中断証明書」という書類を提示してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」で最長10年は契約解除前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。そして13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができますから既に車を売却済みで、「中断証明書」というものを出されてもらっていない場合は、代理店にその旨を伝えるようにしましょう。もしも他の自動車を買って、購入した後に以前所有していた車を査定してもらうのでしたら任意保険の契約は一方のみのになります。更新という処理になりますから運転する必要がある愛車であれば処分の際まで注意しなければなりません。また任意保険の保険料は車の種類により額が相当変化してくるので愛車買取時は任意保険を検討してみるチャンスとも言えますね。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.greentheeastside.com All Rights Reserved.