www.greentheeastside.com

-

-

この任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは違い自賠責保険では補うことが難しい補償をしてもらえる大事な保険といえます。この任意保険。自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで働きますので、自賠責保険の支払い限度額を超えた場合に機能します。それから、自賠責保険では物的損害については保証されていないので物に対する損害を補う場合はさらに任意保険にも加入しておく必要があります。今現在任意保険の保険料を納めている自動車を売る時は、日本の自動車あるいは輸入車というようなことは例外なく、残っているお金が返金されます。これは日本の自動車を手放す場合でも同じことが言えます。自賠責保険の場合、一般的にはかけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険は全員が加入する保険ではありませんので、キャンセルということになります。さらに任意保険を契約解除したあとは支払い済みの残存金額が返ってくることになります。車売却が成立したとしてもすぐに保険をキャンセルするという選択肢はリスクが高いです。勿論早く契約解除してしまえばその分戻ってくる額は増加しますがもしかしたら自動車専門店が離れた地域にあり、自分で運んで行くことになったケースでは任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。万が一のリスクを考えて必ず今後自ら車の運転をしないという状況にするまで保険のキャンセル手続きはされないようにしてください。クルマを引き取ってもらってすぐ新しい自動車を購入するのならば構わないですが長い間車に乗らないような状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の時間が存在する場合、以前に継続していた保険の等級が下がるので保険料が増えることがあります。そういった状況は「中断証明書」という書類を提示してもらうようにしなければなりません。この「中断証明書」があることで、10年までは契約解除前の保険の等級を継続することが可能です。それから、13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができますから、今現在で中古車を手放していて、「中断証明書」という書類を提示されてもらっていないケースでは、保険の提供元やその代理店にその旨をお伝えください。もし新たに自動車を購入して、購入後に以前乗っていた自動車を処分に出すのであれば、任意保険の加入は一方のみのとなります。保険の変更ですから運転しなければならない自動車でしたら処分までには注意しましょう。また任意保険は車種などによって金額が少し違ってきますから自動車買い取りのさいは任意保険の内容を見直してみる好機になるでしょう。

Copyright © 2000 www.greentheeastside.com All Rights Reserved.